[PR]

 被爆者の全国組織「日本原水爆被害者団体協議会(被団協)」が12、13の両日、東京都内で定期総会を開いた。会員の高齢化が進むなか、将来の組織のあり方について二つの案が示され、各地方組織での議論を促すことを決めた。二つの案は、被爆2世や支援者に運動を引き継ぎ、組織を存続させる案と、被爆者がいなくなれば…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも