(ひもとく)若者の政治意識 自明性を失う「保守」と「革新」 宇野重規

有料記事

[PR]

 「保守」と「革新」という政治的ラベルが時代遅れになったと言われて久しい。にもかかわらず、日本の有権者が政治をとらえるにあたって、この対立軸はまだ有効性を失っていないようだ。ただし、「保守」と「革新」が何を意味するかについては、かなりの変化が見られる。

 遠藤晶久とウィリー・ジョウによる『イデオロギ…

この記事は有料記事です。残り1400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料