(声)語りつぐ戦争 母ひとりで縫った千人針の加護

有料記事

[PR]

 無職 中村幸生(群馬県 93)

 「学徒出陣だ」と言えば「あの雨中の行進を?」と問われる。いや、あれは43年で、僕は18歳。2年以上先輩が学業途中で召集された。だから、まだ2年先と思っていたら徴兵年齢が1年早まり、敗色濃い45年3月入隊と決まった。

 母は千人針を作るという。千人の女性に一針ずつ縫…

この記事は有料記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。