(声)語りつぐ戦争 極寒の地に果てた開拓団の人々

有料記事

[PR]

 無職 丸山勝子(福岡県 86)

 子供の頃、旧満州中国東北部)の撫順駅の近くに住んでいた。敗戦から間もないある日、線路上を延々と、長蛇の列をなして歩いてくる人たちを見た。道程の長さ、悲惨さは明らかだった。髪はぼさぼさ、顔も手足も泥だらけ。着衣はぼろぼろで、腰にむしろを巻きつけただけの人もいる。満…

この記事は有料記事です。残り296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。