(声)語りつぐ戦争 東京大空襲前、夫の勧めで帰郷

有料記事

[PR]

 無職 杉本智恵子(滋賀県 96)

 43(昭和18)年3月、近衛歩兵第一連隊に任官した夫と東京・日本橋区(現中央区)浜町に新居を構えた。しかし、幸せな生活は2年も続かなかった。

 翌44年の秋から南方海上から敵機が北上し、連日のように警戒警報や空襲警報が流れた。直ちに軍服に着替えて皇居の警備に向か…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。