[PR]

 世界保健機関(WHO)は14日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)で広がったエボラ出血熱で、昨年8月から計1411人が死亡し、症例数も2100を超えたと発表した。同日開かれた専門家による緊急委員会は、感染が続く状況に国際社会の支援増を訴えた。

 エボラ出血熱は同国東部の北キブ州を中心に広…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも