(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:1 いざ師弟対局、秘策を攻略し「恩返し」

有料記事

[PR]

 2018年3月8日の朝。大阪市福島区関西将棋会館には、50人もの報道関係者が集まっていた。この日、当時六段で15歳の藤井聡太(そうた)と、七段で49歳の師匠・杉本昌隆が公式戦で初めて将棋盤を挟んで向き合う師弟対局が実現した。

 振り駒で先手となった杉本が得意の中飛車(なかびしゃ)戦法を選んだ。午…

この記事は有料記事です。残り697文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る