[PR]

 国連のテロ対策部門トップの中国・新疆ウイグル自治区への訪問予定が、波紋を広げている。中国政府はイスラム教徒の少数民族が多数収容されている同地区を「反テロの主戦場」と位置づけており、幹部の訪問は、国連が収容を「テロ対策」と認めたとみなされかねないためだ。

 訪問予定が米メディアに報じられたのは、ウラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも