(ひと)佐々木香輔さん 原発被災地の夜を撮り続ける仏像写真家

有料記事

[PR]

 建物も街灯もない道が闇の中に延びる。遠い森の向こうだけ、まぶしい光が浮かぶ。その光が、2011年の東日本大震災後に事故を起こし、廃炉が急がれる東京電力福島第一原発だ。

 避難指示が一部解除された近くの福島県富岡町や浪江町の夜を長時間露光撮影し、18年には新人写真家の公募展「写真新世紀」で、来場者が…

この記事は有料記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。