インドネシア最低賃金、不満ふつふつ 急激上昇続き計算方式を導入、年8%増ペース

有料会員記事

[PR]

 4月に大統領選挙があったインドネシアでは、最低賃金を巡る労使の意見対立が続いている。激しい労使交渉を経て急激な最低賃金の上昇が続いたため、経済成長率と物価上昇率を考慮した計算式で決める方式が導入された。労使が話し合って決める日本の方式よりも透明性が高いようにみえるが、双方の不満がくすぶる。現地で労…

この記事は有料会員記事です。残り1703文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら