[PR]

 グローバル化や技術革新が進む一方で、自国第一主義やポピュリズムの台頭など民主主義の危機が進む。市場原理主義の牙城(がじょう)とみなされてきた国際機関や大学でキャリアを積んできた経済学者のラグラム・ラジャンさんは、危機の打破には「国家」「市場」と並び「地域社会」の復権が必要だと訴える。なぜいま、地域…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも