(時時刻刻)老後不安、すれ違う党首討論 迫る野党、対案提示を優先

有料会員記事

[PR]

 今国会初となる19日の党首討論は、老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁報告書問題に話題が集中した。野党は参院選を意識し、年金制度などの「対案」を示すことを優先したが、安倍晋三首相自民党総裁)は現行制度の持続性を強調。議論は入り口で止まったままだ。▼1面参照

 ワイドショーでも連日、取り上…

この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら