[PR]

 政府による特定秘密の指定や解除が適切かどうかをチェックする参院の情報監視審査会(中曽根弘文会長=自民)は19日、国家安全保障会議(NSC)と防衛省が指定した特定秘密の提示を求める動議を自民、公明両党の反対多数で否決した。動議は立憲民主、国民民主、日本維新の会の3会派が提出した。

こんなニュースも