[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)は19日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の誘導目標を「年2・25~2・50%」に据え置いた。声明文では、景気拡大のため「適切な行動を取る」と明記し、今後の利下げに柔軟な姿勢を示した。一方で、日本銀行は20日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和策の「現状維…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも