[PR]

 先月半ば、文芸評論家の加藤典洋氏が亡くなった。彼の代表的な仕事といえば、やはり1995年、雑誌「群像」に発表された「敗戦後論」と、それに引き続く論考群であろう。

 彼の議論は、当初から論壇において強い反応を惹起(じゃっき)し、左右両方から攻撃されるという、特異な状況が生じた。だが、まさにそのことが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも