[PR]

 山下貴司法相は20日、民法で定めている親権者の子どもに対しての「懲戒権」の見直しを法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。規定の削除の是非のほか、規定を残しながら「懲戒」との表現を変更するかどうかなどが議論される見通しだ。また、出生届が出されずに戸籍の記載のない「無戸籍者」問題の解消に向けて、民法…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも