[PR]

 2017年に発覚した神戸製鋼所の品質データ改ざんをめぐり、同社が同年10月に改ざんを公表する前に社員2人がインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会が21日にも、金融商品取引法違反の疑いで課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告することが、関係者への取材でわかった。課徴金の額は計約350万円に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも