[PR]

 政府は21日、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」とともに成長戦略を閣議決定した。骨太の方針では、最低賃金(時給)を全国平均1千円とする政府目標を「より早期に」達成するとし、原案になかった男性の育休取得の促進を新たに盛り込んだ。経済成長に向けた労働関連の施策が目立つが、「目玉」には乏しい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも