[PR]

 ▼『京都怪談巡礼』(淡交社・1728円)は、近世怪談研究の第一人者、堤邦彦・京都精華大教授が、有名な中世以前の怪談にとどまらず、従来あまり注目されてこなかった近世の京都の怪談をとりあげ、江戸時代の記録を手がかりに実際の場所を訪ねる。首塚や京都版「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」など。読者に便利な地図付…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも