神鋼社員2人に課徴金勧告

有料記事

[PR]

 神戸製鋼所が2017年10月に品質データ改ざんを公表する前にインサイダー取引したとして、証券取引等監視委員会は21日、金融商品取引法違反で同社の社員2人に計約350万円の課徴金を納付させるよう金融庁に勧告した。1人は株価下落でもうけようと自社株を売買して約130万円の利益を得ていたといい、こうした…

この記事は有料記事です。残り65文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料