[PR]

 DeNAの大和が3日間で2度目のサヨナラ打を放った。九回2死二塁、外角の155キロを流し打つ。打球は前進していた右翼手の頭上を大きく越え、決勝の二塁打になった。19日の日本ハム戦に続く一打で、チームは5年ぶりに交流戦の勝ち越しを決めた。殊勲の31歳は「1点を争う試合を全員で勝ち取れた」と喜んだ。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも