[PR]

 山形県沖を震源とする18日夜の強い地震で、国土地理院が発生から12分後に県沿岸で約10センチの津波を観測したのに、データが気象庁に送られていなかった。潮位計の充電装置の故障などが原因。

 地理院によると、潮位計は震源に最も近い山形県鶴岡市の鼠ケ関験潮場にあった。地震発生から12分後の18日午後10…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも