[PR]

 指定暴力団稲川会系の組員らによる特殊詐欺で被害に遭った60~80代の女性4人が、稲川会の清田次郎会長に計約2700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。氏本厚司裁判長は「代表者責任」を認め、約1500万円を支払うよう清田会長に命じた。特殊詐欺について暴力団トップの代表者責任を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも