[PR]

 躁(そう)状態とうつ状態を繰り返す疾患・双極性障害。躁の時の行き過ぎた行動や、うつによる長期欠勤などで、社会的後遺症が蓄積しやすい病気です。予後を改善するには、なるべく早期に躁・うつ状態を改善し、予防をすることが重要です。

 双極性障害を専門とする精神科医の加藤忠史さん=写真=が、この病気の診断・治療の基礎知識とつきあい方を解説します。

 ◇講演「双極性障害とうまくつきあうために」。7月12日[金]午後7時~8時30分、東京・西新宿の新宿住友ビルで。3888円。問い合わせ、申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)。HPは「朝カル 新宿」で検索を

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも