[PR]

 社民党が参院選で掲げる公約案が判明した。「社会を底上げする経済政策」を柱に、10月の消費増税の中止を訴え、最低賃金の全国一律1500円の実現を将来的な目標に据えた。党内で最終調整し、27日に発表する。

 底上げ策は、医療・介護の自己負担や保険料の増大に歯止めをかけ、児童手当の拡充や国庫負担による子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも