[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は20日、スイス・ローザンヌで2日間開いた理事会を終え、2020年東京五輪に派遣する、地元の国・地域から出場できない選手による「難民選手団」の構成を来年6月に決めると発表した。現在はアフガニスタンや南スーダン、シリア出身などの37選手を支援しており、陸上や競泳、柔道…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも