[PR]

 学級文集を作る小学校が減りつつある中、作文教育に力を注ぐ先生たちがいます。子どもが身近な出来事を作文に書くことや、それをクラスみんなで読み合うことの意義について、大阪の元小学校教諭に語ってもらいました。

 ■元小学校教諭、大阪国語教育連盟委員長・片桐理さん

 昔、小学5年の女の子が下校中に野良犬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも