(記者解説)G20議長国として 米中対立の影、調整できるか 政治部・小野甲太郎

有料会員記事

[PR]

 「考えるのも恐ろしいが」

 そう前置きしながら、ある外務省幹部が28日に開幕が迫る主要20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)のこんなシナリオを話した。

 トランプ米大統領が、自国第一主義を振りかざす。貿易問題で対立する中国は国際秩序の重要性を説く役回りを演じつつ、自国に有利な提言を唱える。欧…

この記事は有料会員記事です。残り1085文字有料会員になると続きをお読みいただけます。