[PR]

 東京・六本木の劇場に、豊かな生命力に満ち、それでいてどこか悲しげな、熊本県水俣市の不知火海が現れたかのようだった。

 劇団文化座(東京)が今月上演した新作「アニマの海」は、昨年2月に亡くなった石牟礼(いしむれ)道子さんの小説「苦海浄土」の世界を舞台化した。かかわった多くの人々の縁と思いが重なって生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら