[PR]

 将棋の対局に、自動で棋譜を記録するシステムの導入へ――。日本将棋連盟がリコーと発表した共同開発計画の背景には、記録係の不足が深刻化し、いずれ棋譜を残せなくなるとの危機感があった。

 盤面を天井カメラで撮影しながら駒の種類や配置を人工知能(AI)でリアルタイムで判別し、指し手を記録するシステム。将来…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも