商業捕鯨の枠、公表先送り G20以降 参加国の反発回避へ

有料記事

[PR]

 政府は7月から31年ぶりに再開する商業捕鯨で捕獲を認める頭数(捕獲枠)の公表を、6月28~29日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)後に先送りする方針を固めた。反捕鯨国も参加するG20サミットの場で、国際社会の反発を招くのを避けるためだ。

 日本は昨年12月、反捕鯨国が主…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り943文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント