[PR]

 東京新聞・望月衣塑子記者の同名ベストセラーを原案に、権力とメディアの攻防をリアルに描いた骨太の社会派サスペンスです。

 東都新聞の社会部記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)=写真左=は記者クラブ内の同調圧力に屈せず、個として発信し続ける異端児。ある日、大学新設に関する極秘情報が匿名で届きます。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原拓海(松坂桃李)=同右=は、政権のために世論をコントロールする任務に苦悩していました。自殺した杉原の元上司の通夜で出会った2人は、真相を追いかけ始めます。監督は藤井道人。本田翼、北村有起哉らが出演。

 ◇28日[金]から新宿ピカデリーなど、各地で公開。前売り券(1400円)を販売中(朝日新聞社など製作)

こんなニュースも