[PR]

 損害保険ジャパン日本興亜は2020年度末までに、国内の損保事業の従業員数を17年度初めに比べて約4千人減らす。IT(情報技術)をつかうことで事業の効率化を図れることから、定年退職による自然減や新規採用の抑制で人員を調整する。希望退職は募らない。介護事業など人手が必要なグループ会社への出向など配置転…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも