[PR]

 25日の東京外国為替市場は、一時1ドル=106円台と約5カ月半ぶりの円高ドル安水準となった。米国とイランの対立激化で中東情勢への警戒感が高まり、比較的「安全」とされる円を買う動きが進んだ。円高に伴い、東京株式市場は電気機器や自動車などの輸出関連銘柄が売られ、日経平均株価が下落した。

 午後5時時点…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも