[PR]

 野党5党派が共同提出した内閣不信任決議案が25日に衆院で否決され、今国会は会期末の26日を前に事実上、閉幕した。対決法案もなく終始与党ペースで進んだ国会運営の背景には、世論の批判回避を優先したい野党側の事情もにじむ。▼1面参照

 25日午後の衆院本会議。内閣不信任案の趣旨説明に立った立憲民主党の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも