[PR]

 刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案に抗議が続いている問題で、香港と台湾の指導者の明暗が分かれている。香港では林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官への市民の評価が急落。台湾では中国に強い姿勢を取る蔡英文(ツァイインウェン)総統の支持率が急速に回復している。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも