[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害者らに不妊手術が行われた問題で、厚生労働省は25日、被害認定を行う第三者機関「認定審査会」の委員8人を同日付で任命したと発表した。4月施行の一時金支給法に基づき、手術記録がない場合でも審査会が本人や家族の話、医師の診断などから被害を認めれば、厚労省は一時金…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも