[PR]

 ともに40歳、IT業界を経験し、スケールの大きな物語を描いてきた。上田岳弘さんの『キュー』(新潮社)は戦中から未来までの世界を俯瞰(ふかん)し、宮内悠介さんの『偶然の聖地』(講談社)は世界の不具合を修正し続ける旅の物語。2人の作家に人類の未来について語ってもらった。

 ■不具合・失敗、今や郷愁 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも