[PR]

 観劇後、柔らかい光に包まれているかのように心温まり、その上ちょっぴりユーモラスな後味が残るという意味では、今年屈指の舞台になると思わせるのがホリプロ企画制作の「ドライビング・ミス・デイジー」(アルフレッド・ウーリー作、芦沢みどり翻訳、森新太郎演出)だ。85歳の草笛光子と古希を迎えた市村正親が、緻密…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも