[PR]

 「オウム真理教犯罪被害者支援機構」は27日、教団による一連の事件の被害者や遺族512人に対し、計約3億5千万円の賠償金を配当すると発表した。配当は11年ぶりで、7月から通知を始める。

 機構によると、今回の配当は、教団の後継団体「アレフ」や「ひかりの輪」から回収したお金が原資で、被害者は1人あたり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも