財務省改革、実効性は 不祥事防止へ有識者会議 報告書公表

有料記事

[PR]

 森友学園の文書改ざんや前事務次官のセクハラの問題など一連の不祥事に関連して、財務省は27日、再発防止策の進行をチェックする有識者会議の設置などを盛り込んだ報告書を公表した。公文書管理の人員や法令順守に向けた研修も充実し、組織風土にメスを入れることをうたうが、実効性には課題も残る。

 有識者会議の名…

この記事は有料記事です。残り1107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント