[PR]

 ■権力欲と性描写に反骨の精神

 王力雄は中国きっての反体制作家であり、かつて日本で出版された大著『黄禍』は当初1991年、台湾で出たのち多くの国で翻訳され、我が国ではあまりの厚さのため、読者に受け入れやすいようにという出版社側の提案で作家自身が枚数を六割に減らした状態で書店に並んだ。それでもぶ厚い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも