[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡り調査報告書の誤りなどが相次いでいることを受け、秋田県内の自治体や首長に反発の動きが広がっている。

 一連の問題では、レーダーから周囲の障害物までの角度や電波の数値などでデータミスが発覚。住民説明会で防衛省職員が居眠りする不手際もあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも