[PR]

 主要100社を対象にした朝日新聞のアンケートで、労使協定で定める残業時間の上限を引き下げる企業が3割を占めた。終業から始業までに一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制度」を導入した企業も3割あった。残業の上限規制などで長時間労働の是正を促す法律が4月に施行され、大企業に働き方を見直す動きが…

この記事は有料会員記事です。残り707文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも