乳がん予防切除、保険適用検討へ もう片方の乳房、7施設で年49人手術 遺伝性患者

有料会員記事

[PR]

 遺伝性の乳がんの患者が、将来のリスクを下げるためにがんのない方の乳房をとる。こうした予防的な手術を、2016年8月までの1年間に49人が受けていた。日本乳癌(がん)学会などは、この手術を公的医療保険の対象にするよう求めており、厚生労働省は近く、検討を始める。

 乳がん患者の3~5%は、遺伝性のが…

この記事は有料会員記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。