[PR]

 進歩や作家性、あるいは簡潔な造形。近代という時代や芸術にはそんな要素があるといっていい。そうした近代性を、土を焼くといった「手作業」や「用」という制約を持つ陶芸の器で展開するのは容易ではないはずだ。陶芸家・加守田(かもだ)章二(1933~83)の歩みをたどる今展では、しかし、稀有(けう)なまでの到…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも