[PR]

 ■小説にも描かれた光琳の櫛 櫛(くし) 館長・小澤徳郎

 1998年に開館した当館は、江戸から昭和までの櫛とかんざしを中心に、化粧に用いる紅板、かつら、姫印籠(いんろう)、携帯用の筆記具を入れる矢立(やたて)など約5千点を所蔵しています。そのうち約3千点は、櫛・かんざしのコレクター岡崎智予(ちよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも