(現場へ!)やさしい日本語:2 「安静に」より「走らないで」

有料記事

[PR]

 日本に住む外国人が増えれば、当然、病気やけがをする外国人も増える。病院はどう対応すれば?

 福岡市で5月下旬、医師や看護師らが集まったワークショップがあった。まずはやさしい日本語で、というのがテーマだ。

 講師は医学教育が専門の順天堂大学教授・武田裕子さん(57)と、やさしい日本語の研究者で聖心女…

この記事は有料記事です。残り1060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント