写真・図版

[PR]

 ■志位和夫委員長

 安倍政治にサヨナラして、明日への希望が持てる政治にする。その力は市民と野党の共闘を成功させることと、共産党の躍進だ。消費増税中止や「減らない年金」で暮らしに希望が持てるようにする

 《1 くらし》

○くらしと景気を壊す無謀な消費税10%への増税中止

○最低賃金は全国一律1千円に引き上げ、1500円を目指す

○「マクロ経済スライド」を廃止し、減らない年金にする

○基礎年金満額以下の低年金者に月5千円を上乗せ給付する

○大学・短大・専門学校の授業料を半額に。段階的に無償化を図る

 《2 憲法》

○安倍9条改憲サヨナラの審判を

○子どもの権利を尊重し、教育と子どものための施策を進める

○秘密保護法、「共謀罪」法廃止で民主主義と言論・報道の自由を守る

○憲法違反の天皇の政治利用に反対。憲法原則から逸脱した「代替わり儀式」の見直し

 《3 外交・安全保障》

○安保法制の廃止と軍縮への転換

○9条を生かした平和外交の推進

○核兵器禁止条約に署名する政府に

○民意を踏みにじる沖縄の新米軍基地建設の断念

○日米地位協定の抜本改正

○安保条約を廃棄し、対等・平等・友好の日米関係を築く

 《4 エネルギー・経済》

○無謀で合理性もない原発再稼働をやめ、原発ゼロの日本に

○地球環境のためにも脱炭素・再生可能エネルギーへの転換を

○金融機関による貸し剥がしなどをやめさせ、中小企業に希望を

○国民をあざむき、秘密裏に進めている日米FTA交渉の中止

 《5 差別対策》

○性暴力やDVを許さない社会をつくる

○LGBT/SOGIへ差別のない社会をつくる

○在日外国人の権利を守り、ヘイトスピーチを根絶させる

○先住民族としてのアイヌの権利を守る

    ◇

 戦前の1922年に結成され、現在の政党の中では最も歴史がある。2004年の綱領改定で象徴天皇制や自衛隊存続の容認に転じた。16年参院選では32の1人区で独自候補の擁立を取り下げ、野党共闘を主導した。今回も独自候補を取り下げて全32選挙区で野党候補を一本化。共産系は前回の1人から3人に増える。

こんなニュースも