[PR]

 わが母は襁褓(むつき)とりかへられながら梟(ふくろう)のやうに尊き目する

 (川野里子)

     ◇

 歌集『歓待』から。わが老母が静かに逝くまで、日々、彼女を抱き起こし、一匙(さじ)ずつ食を供し、襁褓(おしめ)を替え、体を拭いてくれた人たち。その一人一人がたたえる微笑(ほほえ)みはどこから湧い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも